代表ブログ

4月も今日で終わりですね。

代表ブログ | 2008年4月30日 水曜日 16:04

連休の谷間ですが、
皆様いかがお過ごしですか?

4月も今日で
最終日となります。

来月は、
3月決算の法人が多い
ということから、
会計事務所も繁忙期に
入ります。

やはり最近の
原油高、円高、原材料高の
影響を1つもくらっていない
業種、法人さんは
私の関与先には皆無です。

景気が少しずつ
上がってきたと思ったら、
これです。

景気の良くなるときは、
中小企業には、
その影響は少しずつ、
またまた段々としか
伝わらなかったのですが、
景気の悪影響は、
すぐに中小企業の
業績にインパクトを
与えます。

金融機関も
都銀をはじめとして、
中小企業向け融資の、
縮小を検討している
ようですし、
政府系金融機関も
たとえば、
セーフティネット貸付などの
制度を国なりが定めている
にも関わらず、
融資になかなか応じない
という実態があります。

ただ、暗いことばかり
言っていてもしょうがない
のかもしれません。

こういう
悪い条件下にあっても、
経営努力し、
伸びているところは
伸びているという事実も
あります。

前向きに姿勢を
持ち、今が堪え時だと
言い聞かせながら、
辛抱することが
必要な時期かもしれません。

そういう経営者の
方々のお力になりたいと
思います。

個人法人間での借入の付替、退職金分割支給の質問

代表ブログ | 2008年4月25日 金曜日 12:04

すみません、
継続し続けてこそブログ、
と言っていたのに、
昨日も休んで
しまいました。

突発的な事由
(税務調査の相談なんですが)が、
起こりまして、
そちらの検討で
時間を費して
しまいました。

証拠不十分な
かなり無理のある
指摘事項、
プラス有り得ない、
推計による事項も
あったりと、
ちょっと
どうしてやろうかと
腕まくりをしかけて
いる状況です。

上段の件は、
またその都度報告します。

今日は、
表題にあるように、
昨日客から質問のあった
内容から。

まず
個人法人間での
借入の付替の件からです。

個人の借金を
法人に付け替えることでの
税務リスクについて答えました。

個人の方では、
債務免除益(雑所得)が生じ、
法人では、
貸付金/借入金
場合によっては(こちらの可能性は高いです)
役員賞与/借入金
などのリスクがあると回答しました。

個人の方では、
債務免除による
経済的利益(所得)が
出て、
法人の方でも
損金にならない
役員賞与の認定が
なされるかもしれない、
ということになります。

もう一つの
退職金分割支給について。

これはよく役員退職金の
ところで出る問題点ですが、
従業員の場合だと、
退職金規定や就業規則に
その分割支給の旨を
記載すること等を
完備しておれば
問題ないかと思います。

ただ役員の場合だと、
株主総会決議が
必要であったり、
退職金支給後は、
例えば会長職などに
就かれたとしても
役員報酬を今までの
ような金額を取る
わけにはいかない等、
ケアする要点が
増えます。

本日はこの辺で。

野村社員インサイダー、国民健康保険料の着服などについて

代表ブログ | 2008年4月23日 水曜日 12:04

夜、自宅に戻り、
テレビを見ていた嫁が
やたらニュースを
見て怒り心頭な
模様。

よくよく
ニュースを聞けば、
本当に耳を疑うような
内容でした。

表題でも
書いていますが、
1つは野村社員インサイダー、
もう1つは、
水戸の県国民健康保険
団体連合会の職員に
よる保険料の
着服のことです。

インサイダーについては
最近、新日本監査法人の
公認会計士の件もありますが、
今度は日本でも最大手の
証券会社の社員とあって、
市場のショックも相当の
ことと思います。

水戸の県保について、
これを聞いた人は、
また社会保険関係の不祥事か
とか、まともに健康保険料を
払いたくないと思われても
仕方がないと感じます。

「職業倫理」、
最近よくフォーカスされ、
いろんな人にいろんな形で
定義される言葉ですが、
この倫理観というものが、
そもそも希薄な世の中に
なってしまっているんでしょうか。

自分の職業柄、
最も大事な要素だけに、
いろいろと考えさせられる
ニュースでした。

ページトップへ