ニュース&トピックス

相続税の申告状況(平成22年分)について

ニュース&トピックス | 2012年6月12日 火曜日 11:06

 国税庁から、このたび、相続税の申告状況の発表がありました。

 ○ 平成22年分の相続税の申告状況

   平成22年分の相続税の申告状況は、被相続人数は前年より増加(前年比104.8%)し、
  相続税が課税された被相続人数も増加(前年比107.1%)しています。

   また、課税価格(前年比103.4%)及び申告税額(前年比101.2%)もやや増加してい
  ます。

   なお、相続税の申告状況の具体的内容は、次のとおりです。
 

 1.死亡者数・課税対象となった被相続人数

   平成22年中(平成22年1月1日~平成22年12月31日)の死亡者数(被相続人数)は、
  1,197,012人(前年1,141,865人)であり、対前年比104.8%となっておりま
  す。

   また、相続税の課税対象となった被相続人数は49,733人(前年46,438人)と増加し
  ましたが、課税割合は4.2%(前年4.1%)とほぼ同水準となっています。
 

 2.課税価格・税額の推移

   課税価格は、10兆4,470億円(前年10兆1,072億円)で、相続税額は、1兆
  1,754億円(前年1兆1,618億円)と、いずれも前年分を若干上回っておりますが、これ
  を被相続人1人当たりでみると、課税価格は2億1,006万円(前年2億1,765万円)で、
  相続税額では2,363万円(前年2,502万円)と、いずれも減少傾向がみられます。
 

 3.相続財産の種類別構成比

   相続財産の金額の構成比は、土地48.4%(前年49.7%)、現金・預貯金等23.3%
  (前年22.3%)、有価証券12.1%(前年12.0%)であり、現金・預貯金等の割合は増
  加傾向を示していますが、相変わらず土地がほぼ半分を占めています。

   なお、この詳細については、国税庁ホームページ>活動報告・発表・統計>報道発表資料>
  「平成22年分の相続税の申告の状況について」をご参照ください。

                                          以上

ページトップへ