代表ブログ

《財務省からの情報》法人企業統計調査結果(平成26年度)を公表

代表ブログ,国税庁関連 | 2015年9月16日 水曜日 09:09

  財務省は、9月1日に「法人企業統計調査結果(平成26年度)」を公表しましたので紹介しま
 す。

  これによりますと、全産業(金融業、保険業を除きます。)の売上高、経常利益及び設備投資
 は、製造業、非製造業ともに対前年度比で増収、増益及び増加となっています。
  なお、詳細については「財務省ホームページ(新着情報→財務総研)」をご参照ください。
 
 1.収益の状況
 (1) 売上高(金融業、保険業を除きます。)
   売上高は1,447兆8,425億円で、対前年度増加率(以下「増加率」といいます。)は2.7%と
  なっています。
   業種別にみると、製造業では、金属製品などで減収となったものの、電気機械、食料品など
  で増収となったことから、製造業全体では2.8%となっています。
   一方、非製造業では、不動産業、情報通信業などで減収となったものの、卸売業、小売業、
  建設業などで増収となったことから、非製造業全体では2.7%となっています。
   資本金階層別の増加率では、10億円以上の階層は1.0%、1億円~10億円の階層は9.8%、
  1,000万円~1億円の階層は1.4%、1,000万円未満の階層は3.1%となっています。

 

(2) 経常利益(金融業、保険業を除きます。)
   経常利益は64兆5,861億円で、増加率は8.3%となっています。
   業種別にみると、製造業では、石油・石炭、化学などで減益となったものの、情報通信機械、
  電気機械などで増益となったことから、製造業全体では9.3%となっています。
   一方、非製造業では、卸売業、小売業などで減益となったものの、建設業、サービス業などで
  増益となったことから、非製造業全体では7.7%となっています。
   資本金階層別の増加率では、10億円以上の階層は7.5%、1億円~10億円の階層は13.6%、
  1,000万円~1億円の階層は3.8%、1,000万円未満の階層は34.3%となっています。

 

2.投資の状況
 (1) 設備投資(金融業、保険業を除きます。)
   設備投資額は39兆8,228億円で、増加率は7.8%となっています。
   業種別にみると、製造業では、食料品、化学などで減少したものの、電気機械、輸送用機械
  などで増加したことから、製造業全体では6.8%となっています。
   一方、非製造業では、情報通信業、運輸業、郵便業などで減少したものの、電気業、不動産
  業などで増加したことから、非製造業全体では8.3%となっています。
   資本金階層別の増加率では、10億円以上の階層は4.6%、1億円~10億円の階層は2.5%、
  1,000万円~1億円の階層は12.2%、1,000万円未満の階層は18.5%となっています。

                                       以上

 

《国税庁からの情報》平成26年度におけるe-Taxの利用状況等について

代表ブログ,国税庁関連 | 2015年9月11日 金曜日 09:09

    国税庁では、平成26年9月にオンライン手続の利便性向上に向けた「財務省改善取組計画」
 (改善取組計画)を策定しています。
  改善取組計画では、平成28年度までに達成すべき目標が設定されていますが、このほど平成26
 年度における実績値が確定したことにより「平成26年度におけるe-Taxの利用状況等について」が
 公表されましたので紹介します。

  これによりますと、公的個人認証の普及割合等に左右される国税申告2手続(所得税申告及び
 消費税申告(個人))の利用率は、53.0%(目標値58%)で、所得税申告の利用率は52.8%(前
 年比+1.0ポイント)となっています。また、上記以外の国税申告4手続(法人税申告、消費税申告
 (法人)、酒税申告及び印紙税申告)の利用率は71.0%(目標値72%)で、法人税申告の利用率
 は71.6%(前年比+4.3ポイント)と増加しています。

    なお、詳細については「国税庁ホームページ」をご参照ください

ページトップへ