代表ブログ

《税務質疑応答》株式評価における配当還元方式での評価の方法

代表ブログ,税務質疑応答 | 2016年2月12日 金曜日 13:02

Q .
 株式評価における配当還元方式での評価の仕方について、教えてください。
A.
 取引相場のない株式については、同族株主などが保有している場合の原則的な評価方法と、同族株主以外の株主等が保有している場合の特例的な評価方法があります。その特例的な評価方法が、配当還元方式になります。

  この後者の場合ですと、配当金を期待して当該株式を保有しているとも考えられますので、その配当金を基準に簡便的に以下の通りに評価をします。

  配当還元価額 =( その株式に係る年配当金額 / 10% )
           × ( その株式の1株あたりの資本金等の額 / 50円 )

  その株式に係る年配当金額は、その株式の1株あたりの資本金等の額を50円とした場合の金額で算出されるものです。ただし、その金額が2円50銭未満のもの及び無配のものについては、2円50銭の年配当があったものとします。

  なお、原則的評価方法が配当還元方式による評価より低い場合もありますので、その場合には、原則的評価方法を採用することができます。

ページトップへ