代表ブログ

儲かっている会社!黒字企業の社長の特徴(TKCデータによる)

代表ブログ | 2009年10月16日 金曜日 20:10

     

  セーフティネット融資などにより、当面の経営危機を凌いだ中小企業は、

  

  今後、受けた融資を返済していかなければなりません。

  

  返済の原資となるのは、黒字化による利益確保となります。

  

  黒字企業にするためには、1つの要素として経営者の姿勢が重要な要素となります。

  

  会計ソフト社、TKCによる黒字企業の社長の特徴・傾向のデータがございますので、

  

  以下でご案内致します。

  

  (1)早起きで、朝一番に出社する
 
 

  (2)公私の区別がきちんとしている

 

  (3)黒字は当たり前という強い信念を持っている

 

  (4)現場(従業員)の声をよく聞く

 

  (5)毎月の数字をしっかり見ている

 

  (6)目標が明確で、具体化(経営計画)している

 

  (7)決算書だけでなく現場データ・管理会計データもきちんと見ている

 

  (8)利益の出る仕事かどうか吟味している

 

  (9)何事にも迅速で、決断も早い

 

  (10)チャレンジ精神がある

 

  (11)新商品・新技術の研究開発を怠らない

 

  (12)本業以外のことにむやみやたらに手を出さない

 

  (13)他社製品、同業他社、得意先や業界、市場動向などの情報収集に努めている

 

  (14)自社の強みと弱みの分析に努めている

 

  (15)中・長期の経営ビジョンを持っている

 

  (16)休日も仕事のことを考えている

 

  (17)お客様の気持ちを熟知している【お客様・消費者目線で考えられる】

 

  (18)社長が顧客訪問するなど、社長が先頭に立って仕事をしている

 

  (20)自分の給料の何倍も仕事をしている

 

  (21)社員教育が行き届いている

 

  (22)健康、元気でいつも明るい

ページトップへ