代表ブログ

中小企業の資金調達の状況

代表ブログ,資金調達 | 2009年7月3日 金曜日 11:07

○日本政策金融公庫、融資課長に聞く中小企業の資金調達の状況

 

先日、日本政策金融公庫(旧国金)渋谷支店の融資課長と御話する機会がありました。

 

不況による業績悪化の影響を受けて、現状貸出として1番行われているのは、

 
特別貸出による「セーフティネット貸付」が、ほぼ貸出枠の8〜9割を占めておられるとのこと。

 

ちなみにこの「セーフティネット貸付」は、4800万円以内、15年以内の返済期間が条件となります。

 

セーフティネット貸付と言えば、保証協会付け融資をすぐに思い浮かべますが、

 

現状、保証協会が申込多数のため混んでいること

 

から、融資実行まで大体2ヶ月程度の日数がかかります。

 

上記と比較して、日本政策金融公庫さんは、

 

実行まで最短で1ヶ月以内で行うことも可能というお話でした。

 

*但し、必要資料が完備されていることが条件です。

 

今、資金調達でスピードを要求されている法人には、

 

日本政策金融公庫さんが選択肢の1つとして検討の余地があると考えます。

ページトップへ