代表ブログ

税制改正(所得税、扶養控除などの見直し)家計への税負担はどうなるか。

代表ブログ,税制改正 | 2010年2月20日 土曜日 18:02

◎ 税制改正(所得税、扶養控除などの見直し)

  所得控除の廃止・縮減などで増税になる一方、子供手当などが創設されて、

  子育て世帯の家計の負担は軽減されます。

  なお児童手当は廃止されますが、配偶者控除の廃止は今回は見送られました。

  
  ◎扶養控除などの見直し

  (1) 年少扶養親族(扶養親族のうち、年齢16歳未満の人を言う、以下同様)に

    係る扶養控除が廃止されます。
 
    
    【年少扶養親族】

    ・所得税 従前38万円 → 改正後廃止
 
    ・住民税 従前33万円 → 改正後廃止

 
   (2) 特定扶養親族(扶養親族のうち、年齢16歳以上23歳未満の人を言う、以下同様)のうち、

    年齢16歳以上19歳未満の人に係る扶養控除の上乗せ部分25万円(個人住民税は12万円)が、

    廃止され、扶養控除額が38万円(個人住民税は33万円)とされます。

       
   【年齢16歳以上23歳未満】
  
    ・所得税 従前63万円 → 改正後38万円
 
    ・住民税 従前45万円 → 改正後33万円

    
    この改正は、平成23年以後の所得税および同24年度以後の個人住民税について適用されます。

 

ページトップへ